Novels

Novels

お読みいただく前に

注意とお願い

  • 現在公開中の作品は、全て18歳未満の方の閲覧禁止とさせていただいております。
  • 公開中の小説は、すべて恋愛小説です。
  • レーティングを付けていますが、ストーリー重視です。
  • 各小説の注意をご覧のうえ、お楽しみくださいませ。
  • すべてフィクションです。実際の実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
  • 小説の著作権は管理人:虹色すかいにあります。無断での転載、コピー等はおやめください。

小説の閲覧方法

各小説の目次は「サイドバー」に表示されます。
PCの方は画面右側にあります。スマホの方はフッターメニュー(一番下)の「サイドバー」をタップしてください。

小説の区分け

当サイトでは、以下のように小説を区分けしています。

  • 短編:短編
    1話完結もしくは、15,000文字以内
  • 中編:中編
    15,000〜80,000文字
  • 長編:長編
    80,000文字以上

小説一覧

完結済み

春のやさしい月明かりのように

  • 中編 【全7話:約三万文字】
  • 中華風ファンタジー
桃源郷のように桃源郷のように美しい詞華しかの国は、ある日突然、大国昇陽しょうようの軍に攻め滅ぼされた。両親と夫を殺され、陽王ようおうに捕らえられた詞華の王女、珠月しゅげつ。陽王のもとで、珠月は死ぬよりもつらい日々を過ごすことになる。しかし、事態が動き出す。詞華に起きた悲劇の真相が白日の下にさらされたとき、珠月と陽王は……。

雨上がりにさす光

  • 長編 【全43話+後日談2話:約22万文字】
  • 和風ファンタジー
  • イラストあり
くちなしが色濃く香る初夏の夜。大陸を統べるカデュラス国王が崩御した。それに伴い、白皙の王子アユル・タニティーア・カデュラが即位する。二十五歳を目前にして未だ独り身のアユルは、王統存続のため一刻も早く正妃を娶るよう宰相に迫られる。王の婚姻は国事であり、愛情など必要ないと思っていた。遠い異国の王女に出会うまでは……。定められた宿命、水面下で渦巻く陰謀に嫉妬。二人の出会いが、運命を大きく動かしていく――。

愛はくちづけに溶けて

  • 中編【約2万8千文字】
  • 「雨上がりにさす光」のスピンオフです。
  • 和風ファンタジー
タナシアのその後の物語。※こちらだけでもお楽しみいただけますが、本編を読んでからの方が主人公の心情などが分かると思います。

汀に立つは有明の月

  • 中編 【約:2万3千文字】
  • 中華風ファンタジー
皇后となるために育てられた、美しく気位の高い宇蓮珠。皇帝の暮らす皇宮で、華やかな一生をおくるのだと信じていた。しかし、父親である宇宰相が決めた嫁ぎ先は、皇宮ではなく楊濤允の屋敷だった――。

連載中

その男、青い女を落とす―かわいい年下の甘い治療―

  • 現代
  • OL×研修医
眠れない夜が定期的にやって来る。医局秘書として市中の病院に勤務する廣崎ひろさきいろ。不眠に悩む彼女は、睡眠導入剤を服用するように男と寝る。不眠の苦しみから逃れるために……。そんな彩に、三歳年下の臨床研修医藤崎ふじさき仁寿じんじゅがぐいぐい迫る!

おしかけ妻と宮様の愛猫

  • 中編(予定)
  • 和風ファンタジー
  • イラストあり
今上帝の異母弟である八条宮はちじょうのみや依言よりことは、親王宣下を受けて都に屋敷を構えて暮らしている正真正銘の独身貴族だ。高貴な身分に加えて、絶世の美青年と謳われる宮様には恋の噂が絶えない。しかも、相手は都でも評判の美姫ばかり。そんな宮様に見事な一目惚れをしてしまった大納言家の沙那姫。沙那の片想いから始まる、ミステリアスな宮様との結婚の結末は……。

短編

楚々の花、蠱惑に落ちて棘となる

  • 短編
  • ファンタジー

国破れたるは隷属の理、ヤンデレ男の御前に破れたり

  • 短編
  • 中華風ファンタジー

純白のドレスを脱ぎ捨てて

  • 短編
  • 西洋風ファンタジー

最近更新された小説

PVランキング

参加ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

小説全話(投稿順)

春のやさしい月明かりのように

第一話 詞嬪

【R18恋愛小説:春のやさしい月明かりのように】季節の移ろいを告げる雨が、叩きつけるように激しく降っている。こんな夜は、いくらかましだと思える。寝台がきしむ音も淫靡な息づかいも、雨音と雷鳴がかき消してくれるから――。
春のやさしい月明かりのように

第二話 命日

【R18恋愛小説:春のやさしい月明かりのように】命日だというのに、弔いの灯籠とうろうも供え物もない。とらわれの身にできるのは、ただ静かに心の中で祈りを捧げることだけ。空を飛ぶ鳥の何とうらやましいことか。
春のやさしい月明かりのように

第三話 糸口

【R18恋愛小説:春のやさしい月明かりのように】嫌。この男の胸で泣くなんて。でも、あの日から孤独に耐え抜いた心に、陽王の体温が染み込んでくる。嫌。これでは、すべてを奪った男に屈してしまう。苦しくて、硝子ガラスが砕けるように心が割れてしまいそう。
春のやさしい月明かりのように

第四話 黒幕

【R18恋愛小説:春のやさしい月明かりのように】聞き間違えるはすがない。夕焼けの空色のように儚げで上品な面影は全くないが、毎夜手を握って眠ってくれた夫の声――。
春のやさしい月明かりのように

第五話 陽王

【R18恋愛小説:春のやさしい月明かりのように】弄びたかったわけではない。苦しめるためにそばに置くわけではない。涙を見る度に、心がちりじりに引き千切れてしまいそうになる。敵ではなく夫として会えていたなら……。
春のやさしい月明かりのように

第六話 月光

【R18恋愛小説:春のやさしい月明かりのように】凍りついた冬をゆっくりと溶かすような優しい月明かりが地に注ぎ、ありとあらゆるものを照らしている。あまりに穏やかで、時の流れさえ止まってしまいそう。ふたりで築いていけたらいい。本来、そうなるはずだった未来を。
春のやさしい月明かりのように

最終話 永遠

【R18恋愛小説︰春のやさしい月明かりのように】今宵、王宮に灯される火が消えることはない。赤いろうそくに灯される火には、王と王后の魂が深く永遠に結びつき、命がつながるようにとの願いがこめられている――。悲劇に翻弄された愛の物語、完結。
雨上がりにさす光

序 章 ◇序章

【R18小説:雨上がりにさす光/序章】
雨上がりにさす光

第一章 ◆第01話

【R18小説:雨上がりにさす光/第一章:第01話】
雨上がりにさす光

第一章 ◆第02話

【R18小説:雨上がりにさす光/第一章 第02話】
\\\★SNSでシェア★///
タイトルとURLをコピーしました