その男、青い女を落とす

その男、青い女を落とす

お読みいただく前に

注意とお願い

  • 性描写を含みます。18歳未満の方は閲覧禁止です。

小説について

キーワード

  • 現代、日本
  • 女性主人公
  • ちょっとシリアスな雰囲気を漂わせつつ、ラブコメ。
  • ハッピーエンド

あらすじ

眠れない夜が定期的にやって来る――。

医局秘書として市中の病院に勤務する廣崎ひろさきいろ
不眠に悩む彼女は、睡眠導入剤を服用するように男と寝る。不眠の苦しみから逃れるために……。そんな彩に、三歳年下の臨床研修医藤崎ふじさき仁寿じんじゅがぐいぐい迫る!

「僕はね、6年も彩さんを想っているんだよ」

ちょっと訳アリOLが、笑顔のかわいい年下に溺愛されるお話。
シリアスがシリアスにならないのは、多分、先生のおかげ。

目次

story 01
【R18小説:その男、青い女を落とす/story 01】眠れない夜が、定期的にやってくる。専門の病院を受診して、カウンセリングも受けたし様々な種類の睡眠導入剤も試した。しかし、どれもまったく効果はなかった。実は、不眠を解消する方法を、経験からひとつだけ学んでいる。それは、男と寝ること――。
story 02
【R18小説:その男、青い女を落とす/story 02】こんなはずじゃなかったんだけど……。不眠に悩み始めてから、セックスのあとに相手とそのまま寝るなんて初めてだ。何だかすごく安心する。他人の体温ってこんなに心地よかったっけ……。
story 03
【R18小説:その男、青い女を落とす/story 03】1日頑張って、親友と飲むハイボールの味は格別!お互いにどんな悩みでも打ち明けられる親友と過ごす、至福のひととき。
story 04
【R18小説:その男、青い女を落とす/story 04】「一線をこえたら一瀉千里。これから覚悟してたほうがいいわね」親友の言葉にドキッとする彩。その時、スマホの着信音が鳴って、画面を見ると「藤崎先生」と表示が!
story 05
【R18小説:その男、青い女を落とす/story 05】楽しそうにたわいもない会話をする仁寿に、昔の苦い思い出を思い出す彩。セックスは愛の行為なんかじゃない。相手の性欲を満たして、こちらの不眠を解消してもらうだけのもの。不眠でつらいとき以外は必要ない。恋愛だってそう。あんな風に傷つくのはもうこりごり――。
story 06
【R18小説:その男、青い女を落とす/story 06】不眠で眠れないときは思考回路がおかしくなってしまうけれど、今はそうじゃない。ハイボールをジョッキ2杯飲んだけれど、それくらいじゃ酔わない。最初から間違っていた。セックスなんてしちゃいけなかったし、今日だってちゃんと断るべきだった。ちゃんとここで、はっきり言おう。「……本当に、あの日のことは忘れていただけませんか?」
story 07
【R18小説:その男、青い女を落とす/story 07】セックスしたからって、簡単に事が運ぶほど彩さんは簡単じゃないんだ。だから、彼女が初めて見せた隙を逃したくない。絶対に。仁寿の想いとは裏腹に、どうにかして関係を断ち切ろうとする彩。ふたりの温度差が、静かな攻防戦へ……。
story 08
【R18小説:その男、青い女を落とす/story 08】くしゃっとほころんだ顔。仔犬のように可愛くて優しい先生。病気の重たい話をしたはずなのに、服越しに触れる股間は相変わらず臨戦態勢で……!
story 09
【R18小説:その男、青い女を落とす】「僕を好きになれない?」「僕と初めて会った時の事を覚えてる?」仁寿の質問に戸惑う彩。しかし仁寿の手は、シャツの中で剥き出しになった彩の乳房をもみもみしていて?!
story 10
【R18小説:その男、青い女を落とす】「損は無いと思うよ。素直だし、家事も概ねこなすし、彩さんがぐっすり眠れるようにセックスも頑張るし」嬉しそうな仁寿に彩の心が動き始める。
  • すべてフィクションです。実際の実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
  • 小説の著作権は管理人:虹色すかいにあります。無断での転載、コピー等はおやめください。
虹色すかい
虹色すかい

読んでくださいまして、ありがとうございます。
皆様からの応援が何よりの活力源です。
ポチっとハートを送ってださると、作者が泣いて喜びます!

参加ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

小説トップページ

その男、青い女を落とす全話

その男、青い女を落とす

story 01

【R18小説:その男、青い女を落とす/story 01】眠れない夜が、定期的にやってくる。専門の病院を受診して、カウンセリングも受けたし様々な種類の睡眠導入剤も試した。しかし、どれもまったく効果はなかった。実は、不眠を解消する方法を、経験からひとつだけ学んでいる。それは、男と寝ること――。
その男、青い女を落とす

story 02

【R18小説:その男、青い女を落とす/story 02】こんなはずじゃなかったんだけど……。不眠に悩み始めてから、セックスのあとに相手とそのまま寝るなんて初めてだ。何だかすごく安心する。他人の体温ってこんなに心地よかったっけ……。
その男、青い女を落とす

story 03

【R18小説:その男、青い女を落とす/story 03】1日頑張って、親友と飲むハイボールの味は格別!お互いにどんな悩みでも打ち明けられる親友と過ごす、至福のひととき。
その男、青い女を落とす

story 04

【R18小説:その男、青い女を落とす/story 04】「一線をこえたら一瀉千里。これから覚悟してたほうがいいわね」親友の言葉にドキッとする彩。その時、スマホの着信音が鳴って、画面を見ると「藤崎先生」と表示が!
その男、青い女を落とす

story 05

【R18小説:その男、青い女を落とす/story 05】楽しそうにたわいもない会話をする仁寿に、昔の苦い思い出を思い出す彩。セックスは愛の行為なんかじゃない。相手の性欲を満たして、こちらの不眠を解消してもらうだけのもの。不眠でつらいとき以外は必要ない。恋愛だってそう。あんな風に傷つくのはもうこりごり――。
その男、青い女を落とす

story 06

【R18小説:その男、青い女を落とす/story 06】不眠で眠れないときは思考回路がおかしくなってしまうけれど、今はそうじゃない。ハイボールをジョッキ2杯飲んだけれど、それくらいじゃ酔わない。最初から間違っていた。セックスなんてしちゃいけなかったし、今日だってちゃんと断るべきだった。ちゃんとここで、はっきり言おう。「……本当に、あの日のことは忘れていただけませんか?」
その男、青い女を落とす

story 07

【R18小説:その男、青い女を落とす/story 07】セックスしたからって、簡単に事が運ぶほど彩さんは簡単じゃないんだ。だから、彼女が初めて見せた隙を逃したくない。絶対に。仁寿の想いとは裏腹に、どうにかして関係を断ち切ろうとする彩。ふたりの温度差が、静かな攻防戦へ……。
その男、青い女を落とす

story 08

【R18小説:その男、青い女を落とす/story 08】くしゃっとほころんだ顔。仔犬のように可愛くて優しい先生。病気の重たい話をしたはずなのに、服越しに触れる股間は相変わらず臨戦態勢で……!
その男、青い女を落とす

story 09

【R18小説:その男、青い女を落とす】「僕を好きになれない?」「僕と初めて会った時の事を覚えてる?」仁寿の質問に戸惑う彩。しかし仁寿の手は、シャツの中で剥き出しになった彩の乳房をもみもみしていて?!
その男、青い女を落とす

story 10

【R18小説:その男、青い女を落とす】「損は無いと思うよ。素直だし、家事も概ねこなすし、彩さんがぐっすり眠れるようにセックスも頑張るし」嬉しそうな仁寿に彩の心が動き始める。
\\\★SNSでシェア★///
タイトルとURLをコピーしました