愛は口付けに溶けて

愛は口付けに溶けて
  • R-18作品です。18歳未満は閲覧禁止です。
  • サイドバーに目次としおりをはさんだページの一覧が表示されます。
  • 雨上がりにさす光の番外編です。本編のあとお読みになる方がいいかと思います。

あらすじ

王妃でありながら、アユルに背いた廃妃タナシア。父親と共に一族誅殺に処されるはずだったタナシアは、髪を切り落とされて辺境へ追放される。
王宮を出たタナシアのその後の物語です。

※本編を読んでいない方には内容がわかりにくいかと思います。

目次

第1話 秋雨
虹色すかい
虹色すかい
お読みいただきましてありがとうございます。
皆様からの応援が何よりの活力源です。
よろしければ、ぽちっとハートで応援お願い致します!

本編「雨上がりにさす光」はこちら

ファンタジー小説トップページはこちら

小説トップページはこちら

愛はくちづけに溶けて

第1話 秋雨

【R18小説:愛は口付けに溶けて/第1話:秋雨】雨上がりにさす光の番外編。カデュラス国王の正妃でありながら、稀代の罪を犯して廃妃となったタナシア。父親と共に一族誅殺に処されるはずだった彼女だが、髪を切り落とされて辺境へ追放される。王宮を出たあとのタナシアの物語。