シリアス

雨上がりにさす光

後日談 【後編】

【R18小説:雨上がりにさす光/後日談【後編】】
雨上がりにさす光

後日談 【前編】

【R18小説:雨上がりにさす光/後日談【前編】】
汀に立つは有明の月

最終話 有明

【R18小説:汀に立つは有明の月】木香薔薇の庭を皇太后と歩く蓮珠。そこに現皇帝趙高僥が現れる。趙高僥は蓮珠を後宮に入れるよう皇太后と濤允に命じて――。汀に立つは有明の月、最終話です。
汀に立つは有明の月

第三話 皇宮

【R18小説:汀に立つは有明の月】濤允と蓮珠。蓮珠にとっては意に染まぬ結婚でも、濤允にとっては至福――。湖光離宮のゆったりとした暮らしの中で、濤允はひたむきに蓮珠を慈しむのだが。
汀に立つは有明の月

第二話 皇帝

【R18小説:汀に立つは有明の月】楊濤允と宇蓮珠の初夜から一夜明け、濤允の姿は皇宮にあった。実兄である皇帝趙高僥に召されたのだ。精神薄弱な皇帝の姿に、濤允はただため息をくつばかり。その帰り、濤允は母親を訪ねようと皇太后の宮へ向かう。
汀に立つは有明の月

第一話 輝蓮

【R18小説:汀に立つは有明の月】皇后となるために育てられた、美しく気位の高い宇蓮珠。しかし、父である宇宰相が決めた嫁ぎ先は、皇宮ではなく楊濤允の屋敷だった――。無理やりから始まる中華風中編恋愛ファンタジーです!
短編小説

【R18短編小説】純白のドレスを脱ぎ捨てて

王族の端くれとして、慎ましやかに暮らすリジー。彼女は近々、隣国の王子に嫁ぐ事が決まっていた。そんなある日、婚約者である隣国の王子が、純白の婚礼衣装を携えてリジーのもとを訪れる。ドレスを着てみてと婚約者に言われたリジーは、自室で純白のドレスを着るのだった。
短編小説

【R18短編小説】国破れたるは隷属の理、ヤンデレ男の御前に破れたり

謀反により皇帝の娘から下女へ身分を落とされた春蘭は、今日、十八歳の誕生日を迎えた。国破れたるは隷属の理に倣ってやがて穢される身を悲観しながら、今夜も三十歳ほど年上の謀反人を陛下と呼んで寝所に仕える。
雨上がりにさす光

終 章 ◆終章

【R18小説:雨上がりにさす光/終章】
雨上がりにさす光

第四章 ◇第10話

【R18小説:雨上がりにさす光/第四章:第10話】
タイトルとURLをコピーしました